通信制高校から大学進学しました

高校の選択肢の一つとして当たり前のこと

高校の選択肢の一つとして当たり前のこと : 自分で調べて学んでいくことでより勉強内容が身についた : 楽しい大学ライフを送ることができているので良かった

家庭の事情もあり、一般的な高校に行くことが難しく、働くことにしましたがやはり将来のことを考えると高校は卒業しておくべきだなと思ったり、大学にも行きたいなと思い始めるようになりかなり悩みました。
そんな時に、通信制高校なら働きながらでも高校を卒業したのと同じ資格をもらうことができるということを知り、いろいろ調べてみることにしました。
イメージしていたよりもはるかに多い数の通信制高校があることにもびっくりしたし、何より通信制という選択をする人がかなり多いということにもびっくりしました。
今の時代は、通信制も高校の選択肢の一つとしては当たり前のことになりつつあるのかなと感じたし、自分だけではないということに心強い気持ちにもなりました。
でもさすがに通信制から大学進学はできないんだろうなと考えていましたが、思いの外大学に進学することを前提としたサポート体制の整っている通信制もあることにびっくりしました。
選んだところは、大学に行くことにも力を入れているところで、もちろん面接もありました。

そしたら娘の通信制高校
今年度からタブレットになりました
娘は紙が触れないので嬉しがってますが
(多分、娘のせい?おかげ?) https://t.co/ObzSvr7lTA

— 朧月 (@cool3104suki) 2018年5月20日

通信制高校 : クラーク記念国際高等学校