戻る

>お久しぶりです。
喜んでいただけたようでよかったです。
昨日、東京會舘で久しぶりに里見さんにお逢いしました。
あいかわらず、さわやかでしたよ。
その様子をUPしましたので、よかったら、ごらんくださいね。


お久しぶりです。まず、記念プレゼントありがとうございました。
頂いた本を繰り返し読ませてもらっています。
里見浩太朗さんの人柄の良さをまた新たに発見できたような気がします。
巻末にあった、長七郎江戸日記の写真がとても気に入りました。
長七郎江戸日記が放送されていた1984年に私
は生まれたものですから、実際には長七郎をしっかり見たのは、
時代劇専門チャンネルで長七郎江戸日記をやり始めてからです。
そんなこともあって、私の記憶には非常に新しい作品であり、
頭の中では、時代劇といえば松平右近か長七郎と
です。今。水戸黄門第32部の録画をしているらしいので太秦まで見に行きたかったのですが、
今年のゴールデンウイークは土・日+1という感じで忙しくて行けなくて残念でした。
そこで、このゴールデンウイーク何かビデオ借りてきて見ようと思い、
ふとレンタルビデオ屋に行ったら、去年放映された里見浩太朗出演の
「およう」があったので借りました。
里見浩太朗さんの落ち着いた感じで竹久夢二を叱ったり、励ましたり、
話したりする姿が良かったですね。
おようの父親でもあり、 竹久夢二の父親みたいな印象を受けました。
「およう」の絵葉書ありがとうございました。大切にします。
明日から、大学が始まる。勉強、頑張ります!


>そうみたいですね。
以前、長七郎の子孫という方からメールを頂いた事がありますよ。
ただ、その方も詳しいことがわからないので、ネットで関連資料を調べていて、
うちのサイトを見つけたんだとか・・・。


subject=長七郎について
message=長七郎って、実在した人物なんですね。
「時代劇ガイド」によると、長七郎は江戸の木綿屋新兵衛という商人の娘と同棲して、
一子信平(後に鷹司松平家一万石を領する)だそうです。
長七郎に子供がいたことを知ってびっくりしましたw


>藪太郎さんはじめまして。
右近のページ楽しく拝見しました。また、沢山リンクを貼って頂いてありがとうございます。
十代の藪太郎さんのような方が再放送を見て、こんな素晴らしいサイトを作成したことを
里見さんが知ったら喜ばれるでしょうね。
掲示板の方に書き込んでいただければ、里見さんの目にも触れるかもしれませんので、
今度ぜひ書き込んでくださいね。
最近はCSでいろいろな時代劇が放送されているので、うれしいですよね。
なによりうれしいのが、再放送がなかなかされなかったスペシャルが放送されている事。
いい時代になりました(^^)
水戸黄門ももうすぐ終わってしまいますが、これからも一緒に応援しましょうね〜!


subject=長七郎万歳!
message=大学1年の藪太郎です。
6年後に国家試験が待ち受けているので大変です。
と言ってもまだ、1年生だからのんびりしています。
というわけで松平右近のホームページ作ってしまいました。
アドレスは、http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/2063/index.htmです。
長屋を除いた人一回は訪れてください。そのうち掲示板も作るので書き込んでください。
「長七郎天下ご免!」の再放送が一年くらい前に終わってしまって、長さんに会いたい!
と思った時再放送されたのが、「松平右近事件帳」で第1話を見た時に長七郎の医者バージョンだ!
と思い、はまって最終話まで毎日見てしまいました。
今は、時代劇専門チャンネルで長七郎江戸日記とホームドラマチャンネルで八百八町夢日記を
楽しんで見ています。