あまりにも激しく そして、はかなく ――――
           悲運の武将義経の炎の生涯


【第一部】・・・・・『九郎登場・疾風怒濤の巻』 

 京の五条大橋で運命的な出会いをした牛若丸(後の義経)と弁慶。
義経は、奥州・平泉の藤原秀衡の保護の下、多感な青春期を送った。
平知盛といとこの教経はそんな義経に目を光らせていた。
やがて、兄・頼朝が挙兵し、石橋山で敗戦したと知った、義経は出陣を決意。
戦いが壇ノ浦の平家滅亡へと崩れこんでいく中、義経の非凡な才能に頼朝は警戒心を抱くようになる・・・。


【第二部】・・・・・『英雄流転・安心立命の巻』  エピローグ・義経伝説

 ついに義経追放の院宣が下り、義経は雪の吉野山で静に別れを告げ、平泉へと落ち延びることに・・・。
静は義経の子を身ごもっていた。
安宅の関も、弁慶の知略と関守・富樫の義きょう心によってようやく通過し、
義経一行は平泉にたどり着くが、ここも安住の地ではなかった。捕らえられた静は鎌倉に送られ、
頼朝の前で義経のために舞を舞う。
衣川に追いつめられた義経の館を、秀衡の息子泰衡が襲撃、最期の時が・・・。