「死」には心を正して・・・

 西郷隆盛が自害するシーンの撮影に臨んだ里見浩太朗は、 撮影前、足下に寄ってきた沢ガニを手のひらに乗せてジー。
演技とはいえ「死」には心を正して臨むのです。

迫力の戦闘シーン!

西郷が最期を迎える鹿児島・城山の戦闘シーンは、
京都・大阪境の山中で行われた。
 東海道新幹線建設のための砂利を切り出した
跡地というロケ現場は、城山とよく似た雰囲気。
ここに、約百二十人のエキストラが集まり、大戦闘シーンを展開した。

年末時代劇で最長!7時間の放送枠

 前年の「白虎隊」が大好評で、ますます年末時代劇に力を注いだ日本テレビは、 この「田原坂」で2連続、計7時間の放送枠を設けた。
現在は、12時間の時代劇がテレビ東京で作成されているので、 さほど驚きはないが、当時はこの、長時間の時代劇スペシャルの企画が、 かなりの話題となった。