第7回『男3人信州へ』

  一平が店を辞めた事に責任を感じたジョーカーは、仕事が決まらない彰 と一緒に、一平を説得しに長野へ向かう。一平は牧場で働いているが、まわりはそば畑だらけ。 それに、目をそらしながらも「おかみさんに、逢いたい」という一平に、ジョーカーと彰は、 「銀次郎」へ帰る事を勧める。彰は、もし新聞記者に戻れるならすぐに戻る、天職だった。と言うと、 ジョーカーも「僕も天職だった」と自分が橋の設計技師で、ある時事故で自分の身代わりに現場へ行った部下を 二人殺してしまったと、自分の過去を話し出す。  
第8回へ
『必要のない人』メインメニューへ