第11回『かほるの家出』

  かほるが店を出て、『銀次郎』はみさきが仕切るようになり、彰も 店を手伝う事に。ビルを立て替えようとしているみさきは、ジョーカーの息子・健太 (柴田光太郎)に設計を依頼する。そんな中、『銀次郎』に一平の恋人だという 大学の医学部教授・藤蘭子(水谷八重子)がやってくる。一平の職人としての腕を認め、信頼する 蘭子の姿を見て、彰と美紀は拓がそば職人になる事に同意する。 そして、かほるも『銀次郎』に戻る事になった。  
第12回へ
『必要のない人』メインメニューへ