『若君千両傘』

封切年月日 1958.07.30  
監  督
沢島忠

脚  本
村松道平 鷹沢和善

出  演 大川橋蔵 千原しのぶ 山東昭子 花園ひろみ
尾上鯉之助 片岡栄二郎 田中春男 里見浩太郎
大河内伝次郎
ストーリー
 隣り合わせた 海産物問屋、松前屋と浪花屋は
父祖代々から犬猿の仲、
だが浪花屋の倅裕吉と松前屋の一人娘お菊は
深く愛しあった仲。
ある日松前屋にぶらりと奉公にやってきた新吉の
筋書き裕吉は無事お菊とつれそうことになった。
 
備  考
 沢島忠のメガホンになる、大川橋蔵との初の共演であった、
これ以来、浩太郎は橋蔵を慕うこと真実の兄のごとくであり、
また橋蔵の浩太郎によせる親愛の情も弟にたいするように深い。
(「全映画アルバム里見浩太郎全作品集」1959年ハンドブック社)