←LIST 
                      
【任侠東海道】

【封切日】 1958.01.03
【監 督】 松田定次 
【脚 本】 比佐芳武 
【出 演】 片岡千恵蔵
      市川右太衛門
      中村錦之助
      里見浩太郎
      他オールスター
         
【配 給】 東映


【解 説】
昭和33年度の新春大作は、東映時代劇オールスタアキャストによる清水一家の決定版ともいえるべき空前の大作”任侠東海道”であった。
千恵蔵の次郎長、右太恵門の仁吉、錦之助の大政等という、そうそうたるなかに入って、デビュー以来三作目の浩太郎は、次郎長の乾分、大野の鶴吉に扮し若々しい力いっぱいの演技を示していた。浩太郎にとっての初めてのオールスタア出演であり、なにかにつけて想い出多い作品であった。
(「全映画アルバム里見浩太郎全作品集」1959年ハンドブック社)