里見浩太朗サマーディナーショー


♪ハワイの夜

会場後方から登場!

「ようこそおいで下さいました。えー、昨年もいろいろとハワイアンを聴いていただきましたが、今年もまた、ハワイアンを皆様方と一緒に楽しみたいと思います・・・。まぁあの〜ハワイアン・・・その前にちょっと・・・今度、五代目水戸黄門を引き受けさせてもらいましたけども」

ここで、会場から大歓声!!
 

 


 

大歓声に笑顔の里見さんでした(^^)

「まっ今日は、里見浩太朗の水戸黄門姿はどこかへ忘れていただいて・・・。このままの私をちょっと見ていただきたいなと思います。」

昨年よりも、もう少し古い日本のハワイアンをという事で・・・

♪別れの磯千鳥
 

 

日本のハワイアンについてのお話。

灰田勝彦さんが歌った、日本のハワイアンを熱唱!

♪森の小径
♪鈴かけの道

♪ダヒルサヨ

衣装がえ
 


♪Blue Hawaii(ブルーハワイ)

映画「ブルーハワイ」のお話。

そして、その映画の中でプレスリーが歌った名曲を熱唱!

♪No More(ノー・モア)
♪Can't Help Falling In Love(好きにならずにいられない)
♪Moonlight Swim (月影のなぎさ)

海外で結婚式を挙げるカップルの大半がハワイで結婚式を挙げているという話や、三田明さんの結婚式の仲人をしたお話など。

♪Hawaiian Wedding Song (ハワイアン・ウエディング・ソング )

衣装がえ
 


♪約束〜forever〜

「さて、先ほどちらっとお話しましたけども、水戸黄門の話が参りました。私は、喜んで引き受けさせていただきます。
映画時代、月形龍之介先生の黄門で私は格さんをやらせてもらいました、そして東野英次郎さん、西村晃さんの黄門では助さんを足掛け17年、放送は15年一緒にやらせてもらいまして、水戸黄門というものがどういうものか、もう、いろいろな人の黄門のスタイルを見ました。頭の中では構想というんですか、
私の黄門、これはもう完璧に出来上がっております。」

場内大歓声!
 


「ただ、頭の中でわかってても、実際に白髪のかつらをかぶって眉をつけて髭をつけたら、どうなるかなぁ・・・と」

そこで、観客の男性から「やめて!」と・・・

「それはやらないと、黄門にならないんですよ。あの・・「いや!」って男の方が・・・」場内大爆笑!

以前に西村黄門の時に身代わりで黄門の扮装をした時のスチールを見て、「全然おかしくない!」と思ったとも。

「利家とまつ」の上杉景勝については、「全然しゃべらない男なんですよ。」でも、とても気に入った役だそうです。

そして、来年の明治座の話など。

「ワクワク、ワクワク、ワクワク、が3つ続きますけども・・・。本当に幸せでございます。」
 

ところが、京都のマンションは「三匹のご隠居」が終了したときに引きはらってしまったという
話をして・・・
「そしたら、どうゆうわけかクラウンが「さよなら京都」という曲を作ったんです。」
という前ふりをして(^^;「さよなら京都」を熱唱。

♪さよなら京都
♪花冷え

プレゼントタイム・・・


ショーの曲選びを苦労しながらも楽しんでいるという話など・・・。
そして、好きな曲をという事で、
「都はるみさんの歌なんですけど・・・私の好きな歌、私の人生になんか重なっているような歌です。」

♪漂泊賦

「健康診断で、すべて正常値、40代の胃ですと言われました。」と健康であることをファンに報告(^^)

♪男の心情
♪素晴らしき人生
ステージに飾ってあった花をファンにプレゼント(^^)

♪アロハ・オエ
 



今回のショーは、ハワイアンを中心にプレスリーの名曲なども披露してくださいました。
会場には、俳優仲間の方々や、もう常連?のバレーボールの大林さんもいらっしゃっていました。
また、なんと言っても注目は「5代目水戸黄門」に決定した事を私たちファンにどのようにお話されるのか・・・。
里見さんの意志は固まっていました。いままで拝見した事のない自信に満ちた表情と、意気込みが感じられました。
「里見さんに黄門は早い!」と言っていたファンも、この里見さんの決意を聞けばきっと納得でしょう。
この「水戸黄門」を通して、里見さんは日本人が失いかけている大切なものをきっと伝えてくださると信じています。
これから、過酷な夏の京都での撮影が始まります、お身体には十分気をつけてがんばっていただきたいですね。
今年も、素敵な夏の夜をありがとうございました(^^)