戻る
祐太郎さんの日記帳その1

>あれは、ダチョウ倶楽部と一緒には出演していないですよ。
企画としては、放送開始の数回目であまり視聴率の上がらない「闇を斬る!」をダチョウ倶楽部が
体を張って宣伝するというものでした。確か、「闇を斬る!」の宣伝文句が書かれた長いふんどしを
した上島さんがクレーンに吊るされるというものだったとおもいます。
スタジオには、里見さんの等身大のパネルが用意され、声のみの出演でダチョウ倶楽部をねぎらって
いました。
確か、もう一つ「闇を斬る!」を密着した番組で、中村有志さんが里見さんを斬るというような企画が
あったような気がします。その時に、「里見さんは目がとてもきれいなんです、キラキラしてて、
目の中に何かはいっているんじゃないかと思いましたよ。」と言っていたのが印象的です。
確かに、里見さんの瞳はキラキラしてますよね。やはり役者は目が命ですよね。
「長七郎」では、番組宣伝というかあのメンバーでいろんなバラエティーに出演してますよ。
日テレの番組対抗のかくし芸大会では、なんと、里見さんはマッチのものまねをしたんですよ!
また、ハプニング大賞では、里見さんの企画で宮川一朗太さんをだますという・・・。これは笑えました!
準優勝だったんですけどね。
里見さんが300万の壺を持ってきたとだまして、宮川さんに記念だからと、
「あそこへ置いてこい!」と・・・宮川さんが壺を置いたあと、宮川さんの見ていないちょっとした
すきに、スタッフがその壺を床に落として割ったんです。宮川さんはもう呆然・・・。
「すみません!」という声も声にならず・・・足はガタガタ震えていたとか・・・
共演者の火野正平さんも「ちゃんとあやまれよ!」とか高品格さんは、里見さんを励ますために、
「みんなで軍歌を歌おう!」などど・・・で、当の里見さんは、カメラ前で笑いをこらえるのに精一杯。
で、この壺は実際1万数千円で里見さんが自ら買ってきたものなんだそうです。


subject=番組宣伝について
message=やっぱり「半七捕物帳」も番組宣伝が放送されたんですね。
知りませんでした。里見さんが日本テレビの時代劇で主演されていたころに見た番組宣伝は、
「八百八町夢日記」のパート2で、新番組対抗のクイズ番組に中田喜子さんと
お二人で出演していた時しか見てないんですよ。当然「長七郎」もあったんでしょうね。
番組宣伝で気になって仕方ないのは、「闇を斬る!」の番組宣伝です。かなり前に隼人さん
の書き込みで、ダチョウ倶楽部と一緒に出演されたとおっしゃっていましたが、
それはどういう内容だったのでしょうか?教えてください。


>「長七郎」に関する物ですか・・・う〜ん・・・いろいろ捜してはみたんですけど、
もしかしたら、台本が手に入ればお譲りできるかもしれませんが、無理だったらまた考えます。
少しお時間くださいね。
「半七」「闇を斬る!」の写真というのは、画像としてメールなどでお渡しするということでよいのでしょうか?
大体手元にあるものは特集などでUPしていますが、あとは白黒などになってしまいますが、
よろしければ、画像にしますよ。


subject=ありがとうございました
message=本当ですか。本当に里見さんに関する物をお譲りいただけるんですか。
うれしいです。そうですね、里見さんに関する物を、大家さんからお譲りいただけるのなら、
やはり「長七郎」に関係する物ならなんでもいいです。もし「長七郎」がダメならば、
「半七捕物帳」や「闇を斬る!」の写真でもいいです。この2作品の写真は、手元に1枚しかないんですよ。
それと「闇を斬る!」の六助。殺されてしまったんですね。残念です。
個人的には、伝六より六助の方が好きです。そして「筆頭老中への陰謀」のストーリーの解説で、
どんな内容だったのかよくわかりました。ありがとうございました。
実は最終回スペシャル「闇奉行死す!」も見逃してしまったんです。
たしか旅行に出かけてしまったのだと思います。ですから由良さんが陰腹を切るシーン見れなかったんです。
ゲストも豪華だったんでしょうね。
本当に里見さんに関する物をお譲りいただけるなんて、すごくうれしいです。


>こんにちは。 まず、「筆頭老中への陰謀」のストリーから
******************************************************************************
勘定吟味役が爆殺され、その容疑が丹後守(丹波哲郎)にかかった。残された書状に丹後
守と金座支配の癒着ぶりが詳細に記されていたのだ。
 将軍・家斉(森次晃嗣)の命令で由良之助(里見浩太朗)が探索を始めたところ、事件
に風魔忍者の一団がからんでいることがわかった。しかし、幕府内では丹後守追求の声が
高まり、その命が危うくなっていた。そんな時、由良之助は金座支配の座を狙う銭座・し
ろがね屋地兵衛(中尾彬)の動きに着目する。そこで、殺された勘定吟味役の家臣・田村
の娘の君江(喜多島舞)に人目惚れした六助(火野正平)に探索を命じた、やがてにわか
に風魔忍者の襲撃を受け始めた由良之助は、ほどなく地兵衛に会うことになった・・・。
******************************************************************************
スペシャルとあってゲストも豪華なんですけど、私の記憶では六助は風魔忍者の手にかかって
殺されてしまうのです。で、伝六は六助の友達だったような・・・
ビデオがちょっと見あたらないので、私の記憶だけなので、違っていたらごめんなさい。
それと、「れあもの」に掲載した「長七郎」のテレカは、シリーズ3のものです。
シリーズ3は、出演者や設定を大幅に変えて若返りをはかり、新たな視聴者獲得に、PR活動も
盛んに行われていて、同じく「れあもの」で紹介した「目覚まし時計」なども作成されました。
残念ながら、このシリーズで終了してしまいましたが、復活を今も待ち望んでいます!
あと、「プレゼント企画」ですが、アンケートも兼ねているという事もあり、今年も年末をと考えています。
でも、祐太郎さんには、情報提供などご協力いただいたので、何か里見さんに関する物で
私に用意できるものでしたらお譲りしますよ。


subject=いくつか質問message=サブタイトルや放送日などに協力でき、お役に立ったようで
嬉しいです。以前にも書き込みしました「闇を斬る!」のことですが、休日まとめて1週間分の録画し
たビデオを見ていて疑問に思ったことがあります。それは途中から六助が出なくなってしまったことです。
再放送ではスペシャル「筆頭老中への陰謀」が放送されず、僕も観たことがないので、
このスペシャルで何かあったのでしょうか?また伝六はどういう経緯で、由良之助の密偵になったので
しょうか?教えて下さい。
次は「れあもの」についての質問ですが、「PR用テレホンカード」のところに「長七郎」の
テレホンカードがありますが、あれは何シリーズの時のものですか?やはり「長七郎」の写真ですので
とても気になります。教えて下さい。
そして最後の質問は、昨年の年末に「プレゼント企画」がありましたが、今度はいつごろされるのでしょうか?
教えて下さい。
話は変わりますが、「時代劇専門チャンネル」で「半七捕物帳」が放送するんですね。
そして「銭形平次」の最終回にもゲスト出演されるので、楽しみにしています。
「時代劇専門チャンネル」のホームページに「アンケート」があってそこに何回も
「里見浩太朗さんの時代劇が観たいです」と書き込み送信しました。
ここのチャンネルで「長七郎」もやってくれたら、もっといいんですけどね。
やっぱり加入してよかったと思っています。


>お久しぶりです。
こちらこそ、半七のサブタイトルや闇を斬るの放送日など調べていただいて、感謝しています。
やはり、こういう事は行動力と時間が必要なので、学生時代の時の方がはかどりました(^^;
その点、祐太郎さんのように協力して下さる方がいると助かります。
これもネットのなせる業ですね。でも、こうしてどこも完成させていないデータを
揃えるというのは、とても貴重ですよね。
ところで、時代劇の今後については私も不安を感じています。
時代劇俳優というのは里見さんのように「華」が必要なんですよね。
このサイトにも時代劇スターを目指してる人が書き込みしたりしてますけど、
スターというのは、望んでなれるものではないですからね。
あと、問題は時代劇を作るスタッフがいなくなってしまう事です。
これも同じくそういう仕事を目指して、映画会社に就職された方がこのサイトを
ご覧になっていたこともあります。
みなさん、それぞれ時代劇への情熱を持っているのを知るとうれしくなりますね。
テレビ局も視聴率うんぬんよりも、よいものを作って残すという事も考えて欲しいですね。


subject=最後の時代劇スター
message=久しぶりにここに書き込みします。
「好きな役ベスト3」答えてくださってありがとうございました。
僕の周りには、時代劇を見ている人がいないので、当然里見さんの話をすることができません。
でもこの「浩太朗夢日記」のサイトを見つけてからは、里見さんに関する質問をすると、
親切に答えてくださったり、「好きな役ベスト3」にも答えていただき、本当にうれしいです。
話は変わりますが、僕は東京新聞を読んでいます。
3日くらい前に、テレビ欄の下記に里見さんの写真集の広告がありました。
そこには、「流麗な殺陣と甘いマスクで今や最後の時代劇スターとしてファンを魅了する里見浩太朗。
・・・・・」とありました。「最後の時代劇スター」には僕も納得してしまいましたが、
それと同時にとてもさみしいことだと思います。
里見さんファンの方は、おそらく時代劇が好きでその中でも、里見さんの時代劇が好きという方が
ほとんどだと思うんです。里見さんのあとを追うような若い時代劇スターは今のところ一人もいません。
これからの時代劇が心配です。でも絶対に時代劇はなくならないと信じています。


>好きな役ベスト3ですか〜
それは、難しい・・・う〜ん。
そうですね〜。三位は榎本武揚、二位は長七郎、一位は助さんかな?
でも、変わる可能性あり!ですよ。
今、パソコンの壁紙は助さんになってます(^^;
あっ!でも舞台観てきたばかりなので、茂兵衛もいいなぁ。
めちゃめちゃきれいでした里見さん。色っぽかったですよ。
ところで、時代劇の特集・・・やっぱり作るからにはサブタイトルないと悲しいですよね。
「大江戸捜査網」「松平右近」はあるんですけど、
ナショナル劇場はC.A.Lのリンクを貼らせてもらうので、
それを利用しちゃうんですけどね。
「半七」「八百八町」はどうしても拾えないんですよ。サブタイトルが。
八百八町のトップページは作ってみたんですけどね。


subject=好きな役ベスト3は?
message=今度の特集は「れあもの」ですか。
長七郎の目覚まし時計見てみたいです。その後は時代劇を特集するんですね。
何の時代劇を特集するんでしょうか。楽しみにしています。
前から大家さんにきいてみたかったのですが、これまで里見さんが、演じられてきた役の中で、
大家さんが気に入っている好きな役を3つ教えてくれませんか?とても難しいと思いますが、
僕は「好きな役ベスト3」を選んでみたので、教えますね。
まず第3位は「水戸黄門」の助さんです。17年も同じ役をやるということは、大変なことだと思います。
しかも「大江戸捜査網」や「松平右近」「長七郎」など掛け持ちで17年も演じたのですからね。
きっと里見さん自身、助さん役をとても気に入っていたのではないでしょうか。
そうでなければ17年もできませんよね。
里見さんが助さんを勇退した時の年齢は、52歳でした。その後を引き継いだ3代目のあおい輝彦さんも
昨年12年演じた助さん役を勇退しましたが、その時の年齢が偶然にも同じ52歳なんですよ。
お二人ともお若いので52歳には見えませんよね。今度の4代目助さんの岸本祐二さんは、
まだお若いのでもしかしたら里見さんの17年の記録を抜いてしまうかもしれませんね。
第2位は「忠臣蔵」の大石内蔵助です。もう素晴らしいとしかいいようがありません。
出演者も良かったし、堀内孝雄さんの主題歌も作品に合っていました。
数年前にビデオを買ってきて毎年年末になると必ず見ています。それだけ里見さんの大石は好きですね。
そして第1位は「長七郎天下ご免!」「長七郎江戸日記」の松平長七郎です。
もうとにかくカッコイイそれしかいえませんね。来年1月の明治座の「長七郎」は今から楽しみにしています。
大家さんも「好きな役ベスト3」を教えていただけませんか?


>次回の新巻ですが・・・掲示板でもお知らせしていますが、「れあもの」と題して、
里見さんに関するグッズをご紹介する予定です。
里見さんデザインのバッグから長七郎の目覚まし時計まで、さまざまなものをご紹介します。
でも、レア過ぎるといろいろと問題もあるかと思うので、今回はみなさんも入手の可能性のある、
一品物ではないものをご紹介します。
ぜひぜひお楽しみに。
その次は、時代劇の作品を特集したいな〜と考えているのですが・・・

subject=サブタイトル見ました!
message=以前大家さんがおっしゃっていましたが、ついに「闇を斬る!」の
サイトにサブタイトルと写真が追加されましたね。気付きませんでした。
由良之助が刀をおさめている黒頭巾の写真は、サイトの写真の中で一番カッコイイ写真ですね。
貴重な写真をありがとうございました。
ところで、今度の新巻の特集は何ですか?以前言ったように大家さんの新巻の特集が好きで楽しみに
しています。もう決まっていれば教えてください。


>お返事おそくなりました。
そうですね・・・一色にも「〜守」とついているのかもしれませんが、
私の持っている資料には記載されているものはありません。
小笠原能登守泰久は確かに記載されていたので、間違いありませんよ。


subject=ありがとうございました
message=わざわざビデオで調べていただき、ありがとうございました。
里見さんが出演している番組は、ほとんどビデオに録画しているのですが、
「闇を斬る!」だけ1本も録画していません。その時は多分ビデオを買ってきて、
録画することが面倒だったからかもしれませんし、また再放送するだろうと思っていたからだと思います。
しかし今思うとなぜあの時ビデオに録画しなかったんだろうと後悔しています。
そのためか、あの作品だけは忘れてしまいくわしいことをあまり覚えていないんですよね。
ところで「闇を斬る!」で北町奉行の小笠原能登守の正式名称は、
小笠原能登守泰久で合っているのですか?そうすると、一色由良之助も大目付なのでそういう
名前が付いていましたか?たしか付いてないような気がしましたが、大家さんわかりますか?


>いつも書き込みありがとうございます。
「闇を斬る!」で一色由良之助が仮に使った名前は私の記憶になかったので、
ビデオを何本かチェックしてみましたが、桃太郎が「由良さん」と呼ぶくらいで、
あとは、ほとんど一色、または素浪人と名乗っていました。
恐らく、もしあったとしても、一時的なものだったと思われます。
それと、「闇を斬る!」のサイトについてですが、正直なところ、それほど長い作品ではなかったので、
情報があまりありません。
今のところ、リニューアルは考えていません。ごめんなさい。
サブタイトルと写真を少し追加しておきますね。


subject=「闇を斬る!」について
message=また書き込みしてしまいますが、大家さんに二つ質問があります。
一つは「闇を斬る!」で里見さんが演じる主人公の一色由良之助が、しのびで町を歩く時に使った
仮の名前を忘れてしまいました。教えてください。二つ目は、「闇を斬る!」のサイトなんですが、
今後「長七郎」や「三匹のご隠居」のような立派なサイトにリニューアルする予定はありますか?
大家さん質問の答えお願いします。


>正直なところ私も驚きです!写真集の発売の予定があれば、もっと早く
公表するはずなのに???
発売日はまだ不明ですが、タイトルは『夢の奇跡』で東京新聞出版局より発売されるそうです。
デビュー時より現在の写真までを、映画、テレビ、舞台の3つの側面より特集とのことですから、
半七や闇を斬る!の写真もあるかもしれませんね。


subject=「45周年記念写真集」にびっくり!!
message=大家さんからの返事で「写真集」を出版する企画はないという答えを読みがっかりしていたら、
今日大家さんからの返事を読みびっくりしました。
やっぱり「45周年記念写真集」を出してくれるんだなという思いで嬉しくて嬉しくて仕方ありません。
僕の願いとしては、「半七捕物帳」と「闇を斬る!」を中心とした写真集にしてほしいと思っているのですが・・・・・
主演時代劇のシリーズもののサイトはやっぱり「長七郎」や「三匹のご隠居」そして
「年末時代劇スペシャル」のようなサイトにするんですね。出来上がるまで楽しみに待っています。


>なんと写真集の話がちょうど舞い込んできました!
中部ブロック限定で放送されたNHKの「ゆうがたチャンス」で、
「45周年写真集」の宣伝をされていたそうです。
詳細については、まだわかりませんが、わかり次第お知らせいたします。
それと、主演のシリーズ作品の特集については、おっしゃるとおり「長七郎」や「三匹のご隠居」の
ようなサイトにしたいと考えています。
「八百八町夢日記」「松平右近事件帳」「新・松平右近」「水戸黄門−里見助さんのページ」
「半七捕物帳」「江戸を斬る!」「大江戸捜査網」など
里見ファンというだけでなく、時代劇ファンも喜んで見ていただけるサイトを作成予定です。
ご覧のとおり、その他の単発作品の特集はだいたい完成しましたので、
そろそろ、こちらにとりかかりたいと考えています。
でも、仕事が忙しくて、なかなか進まないと思いますが、気長にお待ちくださいな。
それと、現在、初期の出演映画の特集は完成しているのですが、それも改良して、
映画もすべての作品を特集できるようにしたいと思っています。
まだまだ、限りない里見さんの世界をたのしみにしていてくださいね。


subject=特集、楽しみにしています
message=45周年記念写真集の企画はないんですか。
本当に残念です。大家さんと同じく50周年には絶対に出してほしいですね。
写真の件はすいませんでした。
情報収集していることをすっかり忘れてしまって質問してしまい本当にすいませんでした。
「主演のシリーズ作品はそれなりのサイトにしたい」と大家さんはお書きになっていますが、
具体的にどういうサイトにしたいとお考えなのでしょうか?
「長七郎」のページや「年末時代劇スペシャル」のようなサイトにしたいとお考えなのでしょうか?
もしそうだとすれば、是非豪華なサイトを作ってください。
僕も情報提供に協力したいのですが、何もなくてごめんなさい。
大家さん、慌てずゆっくりと情報収集してください。
新巻で特集されるのを楽しみに待っていますよ。
それを思うと「闇を斬る!」は本当にありがとうございました。
大家さんとしては、もっと情報収集してから特集したいと考えていたのに、
僕の個人的な質問で特集していただき本当にうれしかったです。ありがとうございました。


>残念ながら写真集についての企画は、今のところ耳にしていません。
50周年には絶対写真集はもちろん、いろいろなイベントをお願いしたいですよね。
45周年は、どちらかというと歌に力を入れているという感じですよね。
あの「ゴールデンボックス」がその象徴ですよね。
ところで、写真の件ですが、もう少しお待ちください。
特集もなかなか作れなくてごめんなさい。
やはり、シリーズの主演作品はそれなりのサイトにしたいと思うので・・・
ただ、情報不足なのを今更ながら後悔しているところです。
逆に、情報をみんなから集めて、完成させていく方法も考えていますので、
その時は、ぜひご協力お願いいたします。
テレビの巻の白いリンクのない作品をぜひすべて完成させたいものです。


subject=ありがとうございました
message=長七郎をテレビでやめた理由、大家さんからの返事を読み納得しました。
ありがとうございました。そして「みんなの夢日記」で質問した現代劇のタイトルも教えていただき
ありがとうございました。「特別機動捜査隊」ですか。僕もまだ生まれていないためわからなかったので、
母にきいてみたら「刑事ドラマのなかであれが一番面白かった」と言っていました。
そのあと里見さんが刑事役で出演していたこと話したら、「覚えてない」と言われました。
もう20年以上も昔なので忘れてしまったんでしょうね。
ところで里見さんは今年、芸能生活45周年を迎えられましたね。
45周年を記念して、新曲を発売したり、舞台をやったりと大忙しの里見さんですが、
45周年記念で写真集を出版する企画はないのでしょうか?
というのも平成4年に出版した「華と夢」以降「半七捕物帳」「闇を斬る!」
「江戸を斬る」「三匹のご隠居」と主演時代劇がたくさんあります。
その写真を写真集にして発売してほしいと願っているのですが・・・・
里見さんが時代劇の扮装をしている写真はいくつかもっているのですが、
「半七捕物帳」と「闇を斬る!」の写真は1枚も持っていません。
「長七郎」に比べ放送期間が短いこの2作品は、写真の数が少ないと思いますが、
大家さんはどれくらいもっていますか?「闇を斬る!」のページにも写真が載っていますが、
あれ以外にも写真はあるのですか?お手数をかけしますが、
よろしければ、この2作品のカッコイイ写真を掲載してくれませんか?お願いします。


>レスが遅れてゴメンナサイ。
そうですね〜何で長七郎をテレビでやめてしまったかというのは、
局の意向としか考えられませんが・・・最後のシリーズの制作段階で、里見さんも
それなりの思い入れがあったようですね。
最終シリーズはレギュラー陣を一新して、臨んだものの、やはり、時代劇人気の衰退と
マンネリ化の打開にはならなかった。
時代劇は「水戸黄門」のようにマンネリが面白くて、安心して見れるというのも
あると思うんですよね。
しかし、「長七郎」の場合、ちょっとキャラが弱かったというのもありますね。
里見さん以外ほとんど演じていないという意味ではすごい事だと思いますけどね。
それと、結果的には日本テレビとの専属契約が切れて火曜8時枠から里見さんは姿を消すことに
なってしまいましたが、この長七郎というキャラにこだわっていたら、「八百八町夢日記」「半七捕物帳」
「闇を斬る」などの作品は生まれなかったわけです。
正直なところ里見さんには日本中の誰もが知っている定番キャラがないんですよね。
でも、時代劇といえば里見浩太朗。里見浩太朗といえば時代劇。と思われている・・・。
ファンは里見さん一人で様々な時代劇のヒーローを思い浮かべる。
それはそれで、役者としてすばらしい事だと思います。


subject=写真、見ました
message=大家さん、長七郎の写真ありがとうがざいました。
シリーズ3のスペシャル「長七郎の陰謀」の時の偽長七郎の写真ですか。
もうかなり前なのでストーリーはわすれてしまいましたが、偽長七郎出ていたんですね。
偽長七郎なので怖そうな目つきをしていますが、やっぱりカッコイイです。
この写真ははじめて見ました。里見さんは、時代劇のなかでいろいろな役をやっていますが、
長七郎が一番いいですね。あの髪形が似合うと思うんですよ。
長七郎というと必ず思うのが、なぜテレビでやめてしまったのかということです。
僕にはまったくわかりません。大家さんは、なぜテレビでやめてしまったのだと思いますか?
長七郎の写真ではなく、偽長七郎の大変めずらしい写真をありがとうございました。
とてもうれしかったです。

>祐太郎さん、こんにちは。
そういえば、まだ入居されてなかったんですね。
祐太郎さんは「長七郎」が大好きなんですね。
「長七郎」のページではいくつか写真をUPしていますが、
ちょっともの足りないかな?
いろいろと、資料をひっくりかえしてみましたが、
意外と少ないかもしれませんね。
「長七郎」のページでは「テレビジョンドラマ」に掲載されている写真を
中心にUPしていますが、あの「ハズレで登場する写真」は、テレビ雑誌の切り抜きです。
そうですね。あとは、昔テレビ雑誌に毎週掲載された白黒の写真や、スペシャルの時の
写真などはあります。
それと、映画村で発売されている、生写真2種。もう1種は「右近」ですね。
写真集などに掲載されている写真もありますが、あんまり写りが良くないような・・・
とりあえず、こちらの入居祝いに一つ貼っておきます。
これからもよろしくおねがいします。

これは、スペシャル「長七郎の陰謀」での、偽長七郎です。
目つきが違うのがポイントですね。


subject=浩太朗長屋入居
今日はじめて入居します。祐太郎です。よろしくお願いします。
早速クイズやりましたが、ゴルフの問題だけはずれてしまいました。
そしたら「迷わず、地獄に落ちるがよい」と里見さんの長七郎のカッコイイ写真が出てきました。
僕は長七郎が大好きで長七郎のカッコイイ写真をいくつかもっていますが、あの写真ははじめて見ました。
大家さん、長七郎の写真どれくらいもっているのですか?
もしよろしければ長七郎のページかどこかに大家さんが集めてきた写真の数々を掲載してくれませんか?
大家さんこれからもよろしくお願いします。