戻る
里見浩太朗オンステージ

風間太郎 構成・演出
片山鉱二 演出   



 
 

◆オープニング◆

北を恋うる歌


◆お茶の間テレビヒットメドレー◆

東京ブギウギ
白い花の咲く頃
高原列車は行く
ニコライの鐘
東京午前3時
イヨマンテの夜
コーヒールンバ
恋の季節
長崎は今日も雨だった
よこはま・たそがれ
どうにもとまらない
傷だらけの人生
北酒場
百万本のバラ
リンゴ追分
愛燦々


◆小野ヤスシコーナー◆


花冷え
憧れ遊び
愛の行方※プログラムには掲載されているが歌われていない
素晴らしき人生


◆エンディング◆

歌 /  里見浩太朗
       佳那 晃子

司会/  小野ヤスシ

踊り/  高見美エ子
     滝  ひとみ
     愛原ひとみ
                         他

   (写真はイメージです)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 



 
◆ 解 説 ◆

一言で言って、カラオケ大会!?ゴメンナサイ。やはり踊りがないのは寂しい・・・。
舞台ならではの豪華さに欠けてしまうというか・・・
最近、里見さんはものまねに凝っているようですね・・・。
今回はお約束の鶴田浩二と、めずらしい五木ひろしのものまねを披露してくれました!
似てるかどうかは・・・ご覧になった方の判断におまかせ。私として五木さんのものまねは、声は部分的に似てる気がしましたが・・・。
今回のチャレンジはなんだろう・・・マラカスを振っていたところかな!?
あと、「恋の季節」でコーラスをするところ。
「どうにもとまらない」では予想していたボケをかまされてしまったけど、「里見さんがやったかぁ〜」と思わず笑ってしまった。しまった、まんまとハマッてる!
「イヨマンテの夜」はよく声が出ていて素晴らしかったです!客席から「うまいねぇ〜」と、ため息がもれてました。
そうそう、衣装替えを頻繁にしていました!
私の記憶では、白のタキシード→チェックのジャケット→紫のジャケット→黒のタキシード→ピンクのタキシード(かなり光ってました!)計5回かな?
なにはともあれ、今回は踊りの相手を出来る女優さんが共演していなかったというのが、こういう構成になってしまった要因なんでしょうけど。
あと、プログラムに掲載されていた最新曲の「愛の行方」が歌われていなかったというのがちょっと問題では?今、一番アピールしないといけない曲なのに!!
でも、「憧れ遊び」も好きなので・・・う〜ん。
それと、撒き手ぬぐいがないのも残念。
でも、なかなか笑わせてもらえたし楽しかったです。